« ALFA156 車検整備 2題 | メイン | ALFA 166 水漏れ修理 »

AUDI A8 サーモスタット交換

アウディA8 4.2 クアトロが走行中ぐんぐん水温が上昇するようになり、サーモスタットの固着と判断、入庫しました。というのも以前別のA8でも同様のトラブルがあったのです。今回のA8は2004年式で、3年間の保証が切れていたため、ルッソで交換作業を行うことにしました。ところが、サーモスタット1個のためにタイミングベルトを外さないといけないため手間がかかります。2台とも走行38,000km。まだトラブルが出るような距離でもないと思うのですがサーモスタットには要注意です。

AUDI A8

ショールームからルッソまで回送したとき、水温計はしばらく真ん中の90℃を指して動かなかったので「おかしいなー、異常ないのかな?」と思っていたら、いきなり110℃。130℃スケールの4分の1ずつ急に動きます。アナログメーターの顔して、動きはデジタルです。水温計の針が中央より右に振れたらすでに異常です。オーバーヒートするまえに停車してディーラーや販売店に相談したほうがよいでしょう。

AUDI A8

正面から見た4.2リッターV8エンジンはコンパクトですが、作業スペースはそれほどありません。黄矢印あたりにサーモスタットがあります。

AUDI A8

写真上の黄矢印の金属カバー内が冷却水の通路で、そこにサーモスタットが付いています。サーモスタットはラジエーターに水を流すかどうかの調整役なので、これが壊れるとオーバーヒートやオーバークールが起きます。

AUDI A8

写真上が外したサーモスタット。メーカーにも事情があるのでしょうけれど、もうすこし交換しやすい位置につけてほしかったと修理する立場としては思います。

AUDI A8

タイミングベルトは10万km以上交換不要らしいのですが、この様子をみると「交換しておくに越したことはないだろう」ということで新品に換えました。(心配性?)

AUDI A8

タイミングベルトを張り終えたところ。本日、洗車して納めさせていただきました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年08月22日 18:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ALFA156 車検整備 2題」です。

次の投稿は「ALFA 166 水漏れ修理」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35