« LANCIA DELTA Evo.I 納車整備 | メイン | MASERATI GRANSPORT MC Victory 入庫 »

LOTUS ELISE S2 水漏れ修理

ロータス・エリーゼ シリーズ2 が水漏れのため入庫しました。調べてみるとラジエターから水が漏れているのでラジエター交換になりました。

LOTUS ELISE S2

ラジエターはフロントに付いているのでフロントカウルを外す必要があります。なぜヘッドライトのカバーを外したのか訊いたところ「この中にネジがあるんです」。

LOTUS ELISE S2

フロントカウルを左右からふたりでもって外しました。ルッソでエリーゼのフロントカウルを外したのは初めてかも。最後の外す瞬間はリアカウルよりは楽でした。そういえば340Rはボディ一体成型なのでまるごと外しましたっけ。カウルに限らず取り外すまでの準備に手間がかかるのです。

LOTUS ELISE S2

ラジエターが見えましたが、じつはこの下側にエアコンのコンデンサーが張り付いていまして、その下に電動ファンが2基付いています。したがって結構な厚みがあって、前側の黒い樹脂カバーを外さなければ取り出せないことが判明。その樹脂カバーを1本のエアコンホースが突き抜けているため、ホースを一旦切り離すことになります。このあたりの整備性はいまひとつ。

LOTUS ELISE S2

フロント回りのラジエターを取り外したところ。フロントのエアインテークから取り込んだ風をファンでコンデンサーとラジエターに吹き付けてボンネットの通気口から外へ出す仕組みになっています。

LOTUS ELISE S2

ラジエターの新(下)と旧(上)。

LOTUS ELISE S2

左右の樹脂タンクのかしめ部分から水漏れが見られました。

LOTUS ELISE S2

オールアルミの社外品を採用しました。

LOTUS ELISE S2

新しいラジエターを取り付けました。

LOTUS ELISE S2

まるでプラモデルのパーツ。カウルを再びふたりで取り付けて、組み立てていくと元通り。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年12月12日 20:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「LANCIA DELTA Evo.I 納車整備」です。

次の投稿は「MASERATI GRANSPORT MC Victory 入庫」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35