« 年内には何かを変える | メイン | 乗り越えた先には »

セカンドラブ

今月は明日以降、会社にいなかったり時間が捻出できなかったりする事が確定しているので、何故か穏やかな土曜日の午後にここにたどり着けたE-carsです。
最近は再び感染症のリスクが高くなってきていて、これまでの日常がまた少しずつ失われつつある雰囲気が世の中に拡がり始めているように感じます。
今年一年をこの感染症が覆いつくした感じになってきていて、個人的にはそのリスクや社会的、経済的な影響力が底知れず深く感じる日々を過ごしています。
負けないように、感染しないように、感染しても慌てないように心がけて生活する事を新しい日常として意識付けていますが、そもそも感染症なので感染する事は罪でも罰でもなく至極当然の出来事である事を再認識すべきと思います。
その上で、新しい生活様式はその感染症との共存を多くの人々に啓蒙していく事だと思っています。
負けないで欲しいのは病気にでもですが、その結果の人間関係とか経済活動に関してが一番重要だと思います。負けないで生きましょう。

そんなことを日々夜中に思いながら、最近決意した事があります。
2000年に340Rを新車で購入依頼自身のクルマを選ぶ余裕もなく過ごしておりましたが、この度A110に乗る事にしました。
このクルマは昨年新規オーダーを自身のクルマとしてイメージして行って、今年一年ショールームの中心や端、陰ひなたで過ごしてもらいながらイメージ作りに貢献してもらったあのクルマです。
そもそも先にお客様が決まらなければ自分で乗ると決めていたクルマなのでその時が来たと感じています。
多くの雑誌で高い評価を受けているモデルですが、自分なりの想いを時々ココ以外で書きますので読み流しをお願い致します。

恋も二度目なら少しは上手に、と頭の中でリフレインするフレーズに後押しされて個人車初のATに踏み込みます。(笑)
ロータスの次の愛車がアルピーヌ。その昔にA110の1300Sを譲ってもらう話が決まった時にもすぐに踏み切れず、長く引きずった末に自然消滅した事を思い出しました。結局クルマに乗れる時間も楽しめる時間も、もう残り時間はこれまでに経過した時間よりは少ない事は確実です。これは仕方のない事なんです。
自分の中でそんな事を思い決めました。
一台、忘れてはいませんかとお声がかかるのは承知です。そちらは来年必ず仕上げて乗ります。
という訳で、今月はこのセカンドラブを逃さないと決めましたというのろけ話で締めくくりとなります。
来月はもう最終月。
予測のつかない日々を過ごしながら、少しでも明るく物事を受け止めながら新しい出来事が楽しく進む事を願って今月を締めくくります。
E-wayama

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年11月28日 12:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「年内には何かを変える」です。

次の投稿は「乗り越えた先には」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35