« 2019年12月 | メイン

2020年01月 アーカイブ

2020年01月30日

クルマと暮らす

今月も、というかあっという間に今年も一か月が過ぎ去ろうという事に脅威を感じるE-carsです。
先月末に年末のご挨拶をしてから自分の時間が全くないまま一か月経過。
今年こそはと考えている事は既に夢か幻か…。

今月はクルマに悩み、そして考え、導かれた事が何件かありました。
若きクルマ好きの彼が愛する愛車を通して思う事で自分自身のかつての想いを思いだした事、長らく付き合いがある中での解決できない問題にぶつかった方を見て感じた事、取り扱うクルマに対する愛情に関する事。自動車趣味人として尊敬する方に思いを素直にぶつけられた事。
クルマと暮らすという事は様々な出来事と暮らすという事でもあります。
楽しいドライブもあれば危険と背中合わせの状況からの帰還とか、絶好調が続きこの相棒は最高だと有頂天になったり、トラブルが解決しなかったり、解決に関して金銭的な負担に悩まされたり、悩んだり。
クルマとの付き合いは愛憎の繰り返しでもあったりします。愛する事で至福の時間を与えてもらったり、繰り返されるトラブルに苦しめられたり。
直した時から次に修理に苛まれ、しかし一度に対処する事には踏み切れず段階を追った事にしっぺ返しを食らう。ここまでにしようと心に決めるけど、他にこのクルマ以上の相棒はいない事に気が付いたり気づかされたり。
本当に愛と悲しみの物語が自分の心の中で繰り返される事もあります。
個人的には愛するクルマ(愛車)を幽閉する事で故障による悩みを避けてきた事を、今なら理解できたりします。そして長い時間を失った事で乗るべき時を失った事に後悔も感じたり。
友人のSZがLussoで車検整備を受けて嬉しそうに佇んでいる様子を見ると、自分のしてきた事には後悔を感じたりもします。
そんな大切にする仲間ともいえる、同士ともいえるクルマ乗りたちに囲まれながらクルマと暮らすという事を見つめ直し始めた2020年のスタートでした。
イタリアの小型車の魅力やイギリスの軽いスポーツカーの魅力、ドイツの中型スポーツカーとしての魅力やエキゾティックなクルマたちの魔力。
全てを自分の案内人としての懐に入れて今年も頑張ろうと決めました。
ずっと前からこの場所を見ていていただく方に捧げるこの時間は、自分の職業「クルマ売り」(死語)としての振り返りの場所として継続しようと思います。
新年の誓いは、今月僕にクルマと暮らす事を再考させてくれた案件をリスペクトしてここに綴ります。

会社と自分との関係も踏まえて、もう一度格好イイ「クルマ屋」を目指す事にします。
頑張ります。

About 2020年01月

2020年01月にブログ「E-Cars」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2019年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35