« 10年保有できるクルマ | メイン | 時間の経過に流されながら… »

クルマはどこへ向かうんだろう?

今月は本当に多忙で全く自分の時間が無いままフルに時間が経過していったE-carsです。
あまりに忙しさと疲れから身体が悲鳴を上げている事に気が付いて自分の身体に少し申し訳なく感じている月末です。
帯状疱疹なる病名をいただき久しぶりに薬を服用し、ぬり薬も塗ったりして患部を労わりながら昨夜は振り返りをしていました。
昨日はTipoの編集部の方々が遊びに来てくれたり、東京の知人が訪ねてきてくれたり、神奈川のお客様が遊びに来てくれたという関東勢の訪問を受けた珍しい日でした。
その皆様とお話しながら、これからの自動車の先行きはどこへ行くのだろうか?どうなっていくのだろうか?っていう話題が必ず出てきます。
自動車メーカーがその行き先を決める事が全てではなくなってきた昨今は、AIやGoogle、その他IT関連がどこまで車の領域に踏み込んでくるかに影響されるように感じます。
個人的にはソコがどうなろうが自分の生きた時代がクルマの時代であった事に心から感謝するだけです。
そしてその時代を生きたものとして後世に残す何かに携われることを願って今の仕事に従事する事が自分の喜びであったりもします。
きっとクルマはどこに行くとも分からないまま時代に乗ってその形を変えて存在し続けるのでしょうが、今の時代がクルマがクルマらしくあった時代なのではないかと思います。
自分のクルマを選ぶ事もできないまま、先月から探し続けている10年保有できるクルマ選びは今月も続いています。
様々な想いを乗せて時代を走り続ける一台を見つけたいと思います。
今年の残りもあっという間の2か月となりました。
時間の過ぎるのが加速度的に早まる年末に向けてしっかりと体調を整えて臨みたいと思います。
来月もよろしくお願いします。(笑)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年10月31日 15:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「10年保有できるクルマ」です。

次の投稿は「時間の経過に流されながら…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35