« 平成最後のE-cars | メイン | 時の移ろいは…。 »

令和最初のE-carsです

やはり元号が変わってもその入稿スタイルは不変のE-carsです。
今月は久しぶりに本当のギリギリです。
平成と令和という二つの元号の元年に立ち会えたことは非常に素晴らしい事だと感じています。
反面、クルマの先行きに関しては自分の中のワクワク感が少しづつ萎んでいくような気がして寂しい気持ちに苛まれる事もあります。
長く持ち続ける相棒は単なる長く持ち続けただけの相棒にしてしまっておりますが、このクルマに関しての未来に関する事を考えると大きなワクワク感に包まれるます。
ずっと保有し続ける事の価値に対して評価は不要だと思います。でも、それを守り通している仲間には個人的に尊敬の念を感じてやみません。
「愛車」って言葉がいつにしか過去のワードになりつつあるように感じています。でも大切な言葉なのでクルマと一緒にこの言葉も守り後世に残したいと思います。
本当にクルマが好きって気持ちがこの先に残っていくか否かは文化としてのクルマの立ち位置が結果を左右するようにも感じます。
既に文化として引き継がれている欧州に対して、その手前でしか受け止められていないこの国のクルマたち。でも少数の理解者たちが最後まで守るのがこの国のスタイルだと思います。
格差社会、あまり良い響きには感じません。でも受け止めてその中で生き残る「愛車」を守り続ける仕事を令和も可能な限り続けていこうと決めた今日でした。
今日、自分に刺激をくれた二人の仲間に感謝しギリギリになりながら更新を促してくれた仲間に感謝します。
来月もきっと変わらない。(笑)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年05月31日 18:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「平成最後のE-cars」です。

次の投稿は「時の移ろいは…。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35