« クルマ好きの原点 | メイン | ルーティンワークですが。 »

クルマをつなぐ

いつの間にか月末で慌ただしくなりバタバタのE-carsです。
いつもの月末入稿は今回も変える事ができませんでした。
リニューアルしたH.P.も最近やっとアクセスできるようになり少しですが車両案内の原稿も書き始めています。少し長い原稿があったら私の文だと思ってご一読頂ければ幸いです。(笑)

今月ALFA ROMEOのサプライズをと話しておりましたが、密やかに行いました。(笑)
30年以上大切に愛されてきた1300GTAを譲っていただきました。そのオーナーから次に世代にと手渡していただいたGTA。このクルマを扱う事が自分の中でのサプライズでした。
旧い自動車の価格がまるで好景気の株価のように、操作されたがごとく高騰していくのを眺めていて、その渦中にALFA ROMEOも数車種のまれていくのを寂しく見ておりました。よく聞く「あの車が今はこの値段?」という言葉で称される一台になってしまった訳です。
今回のこのGTAは高いなりにも常識的に許される範囲での譲り渡しとなった背景には前オーナーの次世代に繋ぐ心意気がすべてでした。自分が保有してきたこれまでを後世に残す事ができる事を条件に取り扱う事を約束できる相手として任されたのです。本当に素晴らしいクルマなので機会があれば是非見ておいていただきたいと思います。

適価という概念は非常に難しい解釈の許に成立すると思います。特に中古では様々な要素が重なり合い複雑になるのでなおさらです。
そんな中でこのように激しい価格変動の最中においては自分の気持ちに忠実になり、要不要の判断が納得できた時以外には購入を見送る事も必要なのかもしれません。この時に手に入れなければもう二度と手に入らないとしても後悔しない事が見送る際の勇気の源です。が、この判断は時として数年後に大きな後悔になったりもします。自分にもそんな経験は多々ありますがこれもまたクルマ趣味の噺の一つになったりするので良しとしています。
今は本当に欲しかったクルマを買うには難しい時期でもあります。新車はさておき中古車で価格変動中のモデルは本当に難しいです。今の傾向を見ていると膨らんだ価格が静かに萎んでいくように感じます。為替の変動も含めてもう少ししたら大きなチャンスが来るのではないかとも思います。来月はそんなネタ探しに時間を費やせたらと思います。
今月もなんとか終われそうです。(笑)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2016年07月31日 17:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クルマ好きの原点」です。

次の投稿は「ルーティンワークですが。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35