« 濃密な時間 | メイン | 守り神 »

昭和、平成、。。。

遂に締め切りをお知らせいただき入稿にこぎつけたE-carsです。
メールにて月末を教えていただきながらのあわただしい10月が終わります。
今月は昭和の偉人が他界された事が自身の中でもの想う出来事になりました。
創刊号から保有する自動車雑誌「CG」の名誉編集長、小林彰太郎さんの他界を知り寂しい思いに包まれてすぐに、打撃の神様川上哲治さんの訃報。
昭和に生まれ自動車と野球に熱中した世代として、このお二人は自分の中では強く印象に残った方々でした。
父親が購読していた雑誌の中でクルマと船は子ども心に毎月の楽しみにして、親に内緒で垣間見る夢の世界でした。ジャグワーXJ13の記事が自分とCGの関係を決定付けた号でした。その記憶が未だに冷めないクルマへの情熱に起因していると感じています。
野球は強い巨人に対して戦う中日を観戦に行くたびに多くの記憶を残してくれました。クルマとともに見るだけで熱くなれる楽しみでもありました。
二人が残された大きな実績とは比べ物にならない些細な努力ですが、自分として関わらせてもらえたクルマたちを後世に残す努力をしようと決めております。これまでのお客様と二人三脚で維持してきたクルマたちのコンディションを維持するためにしなければならない努力を使命として頑張りたいと思います。
新しくリリースされるモデルを追いかける事より、これまでの自分たちを楽しませてくれたクルマに拘って守り抜きたいと思います。
今年ももう残り2か月、あっという間の短い時間となるでしょうがLussoでは来年に向けて自分たちらしくクルマのサポートを提案していきたいと思います。

昭和ってなんだか切ない感じがしてきたのは自分の年齢が進んだのか、平成が意外に進んでいることに驚いているからなのか?(笑)

今年は寂しい思いが続きます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年10月31日 22:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「濃密な時間」です。

次の投稿は「守り神」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35