« ストライクゾーン | メイン | SOMEDAY(佐野元春) »

自動車税

今月もここまで来てやっとこの場につけたE-carsです。
会社のPCがめちゃくちゃ動きが遅くなり芸人さんがやるタイムラグのある衛星放送のリポーターの話くらいは変換が遅いので辛いです。(笑)
少しずつ暖機が終わるといつものように動き出すので、クルマと同じ扱いを心がけています。
今月は、眠っていたモンテカルロをやっと連れだしてきて整備に入りました。特に問題はなく、無事始動して元気に走らせれるのは、ここまでの長年の整備の積み上げに他ならないのは理解できます。クルマはオーナーが代わっても整備に関する姿勢を変えずに貫き守ればコンディションは維持できるモノなんです。車年齢は30年を超えても健康体を維持する事は人間よりも確実に簡単である事は間違いありません。ワンオーナーに拘る意味が大きくズレてきている感じがします。
昨日の日経新聞の記事で、ナローの911Sをドイツで持ち続けるオーナーが紹介されていました。日本とは違い長く持っている方が優遇される税制に関してからめた記事でした。車年齢が高い方が課税される日本とは真逆なこの事実は多くの納税者や自動車税を考える上で日本に必要な「気付き」を促すように感じます。
何ていう事を考えたのは、動いていない340Rやらヨーロッパやらの自動車税が5月には送られてくるのを考えてしんみりしていたからかも。(笑)クルマホルダー(乗らずに持ってるだけ)には厳しい5月がやってきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年04月30日 13:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ストライクゾーン」です。

次の投稿は「SOMEDAY(佐野元春)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35